横浜市会議員 中区選出 福島直子

福島直子のメルマガ

第115号 2019.09.01

9月のカレンダーに変わって少しホッとしているのは私だけではないことでしょう。
 災害級の暑さが去り、実りの秋へ快適な気候がやってくることを期待したいと思います。

令和初の防災訓練が行われています。昨日参加させていただいた連合町会は、毎月1回、防災拠点運営委員会で会合を重ねて議論してきたとのことでした。参加者に何を学んでほしいのかが整理されており、伝える側の役割分担も明確でした。

また防災拠点である小学校の児童と隣接する中学校の生徒が授業の一貫として参加していたことは特筆すべきことです。
 中学生は、校庭に設置されている応急給水拠点での水汲みや運搬、拠点内での区割りや段ボールベッド、授乳用テントの組み立て、発電機やジャッキの扱い方まで学び、十分に「共助」の主体者となり得ることを証明していました。
 こうした体験学習の後には小中学生とも避難訓練も行い、大変充実した内容だと感心しました。

訓練の企画を立てた町会役員の方々、防災技術を伝えた消防団、区役所の防災・消防担当者が、これまでの度重なる大規模災害の経験から学んだ様々な事柄を総合的に発揮しながら、共助・公助の仕組みをさらに高めていきたいものです。

さあ、残るは「自助」です。地震や風水害から私と家族の命を守るための意識は薄れていないでしょうか。向こう三軒両隣との協力も「自助」の内かもしれません。お家の内外を見直してみましょう。

中支部ニュース 春季号 重点政策 公明党本部へのリンク 公明党ユースへのリンク iWomanへのリンク