横浜市会議員 中区選出 福島直子

福島直子のメルマガ

第113号 2019.07.01

いつの間にか夏至も過ぎ、蒸し暑さに閉口する日々となりました。

6月29-30日の2日間、公明党神奈川県本部スクスク子育てプロジェクトで「乳児用液体ミルク」の国内製造・販売に至る経緯などについて語る公開イベントを開催しました。これには、佐々木さやか参議院議員と、市民の立場から液体ミルクの国内製造・販売を国に働きかけてきた一般社団法人乳児用液体ミルク研究会の杉本氏が登壇しました。

杉本氏は、乳児用液体ミルクの国内製造実現に必要だった「乳児用液体ミルクに関する規格基準」を整備するため尽力した佐々木さやか議員の行動力を高く評価し、市民の声に耳を傾ける国会議員こそ重要と痛感したと強調しました。そして災害備蓄品として期待されている乳児用液体ミルクについて、赤ちゃんのいる家庭の災害備蓄品として必要だが、消費期限が6カ月のため日常的に使用しながら少し余分に用意しておく「ローリングストック」が有効ではと述べました。

佐々木さやか議員は、赤ちゃんに欠かすことの出来ない「授乳」は、母乳を基本としつつも選択肢が増えたことが子育ての応援になっていると多くの喜びの声が寄せられていることを報告。パッケージや販売価格について様々な意見をいただいており今後普及を図りつつ、そうした声にも応えるようメーカーに働きかけていきたいと強調しました。

小さな声に耳を傾け、小さな命を守っていく。佐々木さやか議員の一貫して変わらぬ姿勢に、彼女の芯の強さと頼もしさを感じました。来月4日公示の参議院選挙に2期目の挑戦をする予定の佐々木さやかさんの活躍に心から期待し、かならず必ず参議院に送り届けなければと決意しました。

中支部ニュース 春季号 重点政策 公明党本部へのリンク 公明党ユースへのリンク iWomanへのリンク