横浜市会議員 中区選出 福島直子

福島直子のメルマガ

第111号 2019.05.01

令和元年の開幕をお祝い申し上げます。
 先月7日に行われた横浜市会議員選挙で5回目の当選を果たさせていただきました。
 新元号の開始とあわせ、いっそう清新な決意で横浜市民の課題に挑戦してまいります。ますますのご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

さて、何事に挑戦するにも健康こそが大切ですが、「がん」に罹患したという方のお話を身近に聞きます。統計的にも日本人の2人にひとり罹患する時代ですから何の不思議もないはずですが、事態の深刻さが実感されます。そこで基本に立ち返り「早期発見・早期治療」のために”がん検診の大切さ”を確認したいと思います。

中区民の部位別がん死亡数(H27.3.9現在)をみると、男女とも「気管、気管支及び肺」が1位となっています。にもかかわらず検診の受診率は26.3%と低い状況です。
 肺がんは40歳代後半から増加し始め高齢になるほど罹患率が高くなるそうです。症状がないまま進行し予後も悪いのが特徴だそうですから、喫煙者であってもなくても、意識して肺がん検診を受診することが必要といえましょう。

満40歳以上の市民であれば、毎年1回680円で(一定の条件では無料で)中区役所または医療機関での胸部レントゲン検査を受けることができます。
 詳しくは中区福祉保健センター 電話:045-224-8332 ファクス:045-224-8157 メールアドレス:na-fukuho@city.yokohama.jp までお問い合せください。

中支部ニュース 春季号 重点政策 公明党本部へのリンク 公明党ユースへのリンク iWomanへのリンク