横浜市会議員 中区選出 福島直子

福島直子のメルマガ

第86号 2017.04.01

1889(明治22)年のきょう4月1日は、横浜に市制がしかれた日です。当時の人口は116,193人、面積5.40km2だったそうです。1970~80年代に東京に勤務する人々のベッドタウンとして人口が集中したことを中心に、現在の人口約3,728,000人、面積159.065km2まで、実に大きく発展してきました。
 その間、1923年に起きた関東大震災の復興さなかの1927年、横浜の最初の5区として中区が誕生。また、その10年前には開港50周年を祝う市民の寄付により、1917年7月1日に開港記念会館が開館しています。

こうして、今年2017年に開港記念会館100周年、中区制90周年という歴史を刻むこととなり、現在、区民・区役所・企業などからなる実行委員会を組織して、区民発意の記念事業も推進しているところです。
 いま私たちは、長らく続いた成長や拡大といった時代の基調から、成熟感に溢れた時代への変化を初めて体験しています。これまで以上に社会全体のバランスや、互いの譲り合いが必要な時代になったと私は考えています。大きな時代のうねりは、皆で力を合わせなければ乗り越えられないからです。

折しも「全国都市緑化よこはまフェア」が始まり、みなと周辺は工夫を凝らした花と緑で華やかに彩られています。90年、100年という歴史の積み重ねの中で得られた知 恵や財産をより良い形で次代の若者に引き継ぐため、花々や木々から溢れるエネルギーを自身の元気に換えて、日々の議員活動に勤しんでまいりたいと思います。

公明党本部へのリンク 公明党ユースへのリンク iWomanへのリンク 日本再建へのリンク