横浜市会議員 中区選出 福島直子

福島直子のメルマガ

第150号 2022.08.01

先月10日の参議院議員選挙では三浦のぶひろ氏が2期目の当選を果たすことができました。皆様のご支援に心より感謝申し上げます。今後いっそう三浦議員と連携し、横浜の課題を未来志向で解決してまいります。引き続きのご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

さて、再びコロナ感染が拡大し多人数での交流がためらわれるなか、如何にして楽しい夏休みを子どもたちに過ごさせるかは保護者の悩みどころでしょう。
 きょう私は、自転車2台で連れ立って走る父子の姿を見かけました。小学校2~3年生の男児とお父さんは、競うように元気に笑顔で走って行きました。が、それは一方通行の逆走でした。「通れるところは通る」自転車を大変多く見かけます。しかし交通規則を遵守することは、世の中の約束事、順法精神を知らしめる第一歩でもあり、保護者の役割として極めて大切なことではないでしょうか。一方通行の逆走はもとより、「自転車通行可」の標識のない歩道や、実戦2本で示されている「歩行者用路側帯」は自転車が走ることは禁じられています。

わが家の近所には、自転車に乗った小学生~高校生と自動車の衝突事故が1年に3度起きた四つ角があります。いずれも自転車側の交通規則違反が原因だったようです。幸い命に別状はありませんでしたが、なぜ事故が起きたのかを自覚しない限り、また事故は起きるでしょう。
 夏休みに保護者と自転車で出かけた道の記憶、日常的に保護者と自転車で通っている道の記憶は子どもにとっては「正しい走り方」に置き換わっていきます。この夏、交通規則をきっちり守るとどのような走り方になるのか、親子で自由研究の課題として取り組んでみてはいかがでしょうか。きっと素晴らしい財産になることと思います。子どもたちが健康で無事故でありますように!

みんなで新型コロナウイルスを封じ込めよう! 中支部ニュース 春季号 重点政策 公明党本部へのリンク 公明党ユースへのリンク iWomanへのリンク