横浜市会議員 中区選出 福島直子

福島直子のメルマガ

第148号 2022.06.01

6月は「環境月間」です。地球温暖化対策のため「ゼロカーボン」の取組が叫ばれて久しい今日この頃ですが、一人ひとりが暮らしの中でできることを実践することが求められています。

ゼロカーボンの取組の基本は暮らしの中のエネルギーの選択ではないでしょうか。私は自動車免許を持たなかったため自転車を愛用していますが、アシスト付きですのでバッテリーに充電するため電気を使います。ここをもう一段ゼロカーボンに近づけよう、と昨年始めに東京電力から「みんなで一緒に自然の電気」(通称「みい電」)100%に切り替えてみました。これは、横浜市など首都圏の9都県市(現在は10都県市)が共同で再生可能電力の購入者を募集し、電力消費におけるゼロカーボンを推進しようとする試みです。

電気消費が多い家庭の電気代は9%ほど安くなるそうですが、私の場合はやや割高。しかも5月からはご多分に漏れず料金値上げの影響を受けていますので、最近では昼間太陽光で蓄電する小さな照明器具を使うようにして節電に拍車をかけています。これからの季節はベランダに数時間、強烈な日差しが当たります。これで水を温め活用する方法はないものかと思案しているところです。

今年の夏も気候変動による猛暑が予想されていますが、7月10日には天下分け目の参議院選挙が行われますので、いっそう暑く熱い夏となることでしょう。
 最大の環境破壊であるウクライナにおける戦闘行為を一日も早く収束させ、コロナからの社会・経済の回復と新たな日本の方向性を創り出せる力ある人物を、皆様のお力をお借りして参議院にお送りいただくことを強く念願しております。

みんなで新型コロナウイルスを封じ込めよう! 中支部ニュース 春季号 重点政策 公明党本部へのリンク 公明党ユースへのリンク iWomanへのリンク