横浜市会議員 中区選出 福島直子

福島直子のメルマガ

第104号 2018.10.01

猛烈な強風で列島を縦断した台風24号とともに10月がやってきました。

昨日、第12階公明党全国大会が行われ、山口代表・斉藤鉄夫幹事長の新体制が始まりました。私も参加させていただき「中央規律委員会委員」などという任を拝しました。

代表あいさつ・幹事長報告でともに強調されたのは、公明党の出自ともいえる「衆望に応える政治」でした。「庶民の声を代弁する政党や政治家はいないのか!」との思いから各議会に代表を送ろうと始まった市民運動が公明党です。明春の地方統一選挙・明 夏の参議院選挙に向け、改めて私たち公明党議員の原点を確認いたしました。

少子・超高齢化の2020年代をどのように方向づけるのか―”暮らしの現場の多様な実態と思い”をしっかりと捉え、さらに多くの皆さまとの「対話」をかさねつつ市政に提案してまいります。
 具体的には
 ①地域経済の活力の維持・創出
 ②単身世帯急増のなかでの地域づくり
 ③人口減少時代の自治体のあり方
 などが大きな課題です。いずれも重い課題ですが、これまで以上に、女性の視点、若者の声を大切に、未来志向の横浜市政をめざしてまいります。

市議会は10月26日まで、平成29年度決算特別委員会が行われます。私は10/24の都市整備局局別審査を担当し、関内駅周辺再開発や防災まちづくり 等について質問する予定です。皆さまのご意見ご要望をお待ちしております。

公明党本部へのリンク 公明党ユースへのリンク iWomanへのリンク 日本再建へのリンク